Blogブログ

ファスティングマイスターカレッジ大阪校のブログ

断食ダイエットの秘訣や日々の出来事をお送りします。

劣化した食材や食中毒リスクも。激安弁当は本当にお得なの??

 

スーパーの惣菜コーナーや弁当屋さんで、近頃よく300円以下で食べれる
激安のお弁当を見かけることがあります。昼食には全くお金をかけられない!

という既婚サラリーマンや働く主婦にとってはとても有難い存在です。


食材を買って自分で調理するとなると、様々な食材を購入するだけでもそ
れなりの金額になるし、調理する時間と手間を考えると激安弁当の方が断
然おトク☆

と、思えたりもするのですが・・・。安いものにはそれなりのカラクリが
隠されているものです。

「激安弁当」の舞台裏は・・・!?

女性自身の2016年06月08日に投稿されたネット記事で、
食品安全教育研究所代表、食品コンサルタントの河岸宏和さんが、
キャリアを積んでいるご本人だからこそ分かるという
「激安弁当」の舞台裏を教えてくれました。

「激安スーパーの店頭で生肉として売られていた鶏肉は、
消費期限を迎えたりすると、腐らないよう冷凍保存され、
これを調理して使っていることが多いです。

たとえ何カ月も冷凍保存しても、熱さえ通せば食中毒を起こすことは
ないためです。しかし、味は大きく変わります。」

河岸さんは「激安でも良心的なお店は存在する」と前置きしながらも、
そうでない店もあると考えるべきだと強調します。

良心的なお店を見極めるポイント

「スーパーの場合、閉店時間が近づいたとき、
消費期限が近い肉類に『半額シール』などを貼っているか、
チェックしてみてください。
もし割引をしていないようなら、食材の使い回しが疑われます。

また、お弁当に使用しているコメについて、産地や生産年度を聞いて
みましょう。ちゃんと答えられないようなお店は、店舗内で調理すら
していない可能性があります」と、河岸さんは言います。

まとめ

核家族化、共働き夫婦の家庭が多くなっている現状で、
お弁当を毎日手作りするのは大きな負担になることもあります。

ただ、毎日外食やスーパーのお弁当では、お金がかかるし

栄養が偏ったり、カロリーオーバーになって体調を崩すという

リスクをともなう恐れもあります。

週に2~3食分の晩御飯は、お弁当可能なメニューにして

翌日のお弁当に使用するなどの工夫をしながら、
無理のないお弁当ライフを送ってみてはいかがでしょうか。


引用:女性自身
 http://jisin.jp/serial/life/kurashi/24218

まとめ

メニュー

閉じる

ショップ
メニュー