Blogブログ

ファスティングマイスターカレッジ大阪校のブログ

断食ダイエットの秘訣や日々の出来事をお送りします。

梅雨になると身体がだるい。その原因は??

 梅雨になると、カラダがだるい、頭が重い、めまいがする……。

そんな症状を感じる人が少なからずいます。


なぜ梅雨になると体の不調を感じやすくなるのでしょうか?

その原因と解消法をご紹介します。

梅雨時期に体調不良になる原因


その①:低気圧

大気が低気圧に配置されると、身体を休ませる神経(副交感神経)が働きます。
この副交感神経によって、だるさを感じたり、やる気が出なくなって
しまうのです 。
また、低気圧が続くと「ヒスタミン」が分泌され、肩こりや頭痛が起こることも
あります。

 

その②:湿邪

湿邪とは、病気の名前のことです。
体内の余分な水分によって、消化器系に悪影響がおよび、だるさや、下痢、便秘、
食欲不振、消化不良を引き起こします。
湿度が高いことによって、身体の代謝が落ちやすくなるこの季節にかかりやすいと
いわれています。


その③:寒暖差

 

夏かと思うような暑い日もあれば、雨で肌寒い日もある梅雨の時期。
朝と夜でまったく気温が違う日もあって、気温の差が激しい日々が続きます。
この寒暖差が身体にダメージを与えるのです。

身体のだるさ解消法

その①:軽い運動

時間が空いた時に、少しでも良いので体を動かしてみてください。
体を動かすことで脳に刺激が伝わり、精神を安定させる「セロトニン」という
物資
を促すことがでます。
ウオーキングなどの運動で、セロトニンの分泌を促す事により、
梅雨時のだるさ解消し、心のバランスを整えることができます。

その②:ビタミンB群の接取


体調不良で体力低下やだるさを感じる梅雨時には「ビタミンB群」を摂取するのが
おすすめです。

「ビタミンB1」は、「疲労回復ビタミン」「ストレスビタミン」とも呼ばれるほど
、疲労やストレスに対して抜群の効果を発揮します。

【ビタミンB1を多く含む食材】
玄米・発芽米・全粒粉パンなど胚芽つきのもの、豚もも肉、豚ロース肉、紅鮭など


「ビタミンB2」は、糖質や脂質、タンパク質をエネルギーに変えるときに必要なビ
タミン。ビタミンB1とともに、エネルギーを得て疲労回復するには欠かせない栄養
素です。

【ビタミンB2を多く含む食材】
魚介類、牛乳乳製品、卵などの動物性食品。納豆や緑黄色野菜、キノコ類。


その③:入浴(湯船につかる)

夜はシャワーで済ませがちな人も、ゆっくりと湯船につかったほうが、だるさ対策
に繋がります。そして、朝は少し熱めのシャワーを浴びて交感神経を働かせること
で体を目覚めさせると良いです。自律神経のバランスを整えることで、日中は元気
に活動することができ、だるさの解消につながります。



引用:
http://www.tenki.jp/suppl/tomo_kouda/2016/06/13/13021.html
http://www.news24.jp/articles/2016/06/02/07331702.html
http://sakanano.com/column/basic/post5757.html

身体のだるさ解消法

メニュー

閉じる

ショップ
メニュー