Blogブログ

ファスティングマイスターカレッジ大阪校のブログ

断食ダイエットの秘訣や日々の出来事をお送りします。

健康に良いチョコレートってどんなの?

バレンタインが近づいてきました。好きな人や友達、会社の人にチョコレートを
プレゼントしたり、自分へのご褒美に少し高価なチョコを買ったりと、
この時期は何かとチョコレートの話題が多くなります。

 

また、百貨店やショップにはたくさんのチョコレートが所狭しと並んでいます。
価格も
300円くらいのものから、数千円もする高価なものまであります。

 

人気のチョコやブランドのチョコ、カタチのかわいいチョコなど、いろいろな
種類があって何を基準に買おう・・・と迷ってしまいませんか?

それなら、健康志向が強くなってきている今のブームに合わせて
「健康に良いチョコ」という選び方も面白いのではないでしょうか?

 

チョコレートの主な成分

チョコレートのパッケージにある原材料名の部分を見てみましょう。

<昔からある板チョコレートAの場合>

 

・砂糖、カカオマス、全粉乳、ココアバター、
 植物油脂、乳化剤(大豆由来)、香料

 

その商品ごとに内容は変わりますが、概ね上記の成分が入っています。

なかでも、成分のはじめに記載されているのが、一番多く入っている成分です。

原材料と添加物で考える

チョコレートの原材料は「カカオ」と「砂糖」。

Aチョコレートの場合、砂糖の方がカカオより多く配合されています。

その時点で健康に良いとは言えないのがわかります。

 

逆に「カカオ」が原材料名の上位に来るチョコレートが
健康に良いと言うのがわかります。

 

また、Aチョコレートには「乳化剤(大豆由来)」と「香料」の添加物が
入っています。今や無添加の商品を探すことの方が難しくなっているので
仕方ないとはいえ、なるべく原材料の上位表記になっていないものや、
分量が記載されているものを選ぶ方が良いのかも知れません。

健康に良いチョコレートのまとめ

あくまで参考程度になりますが、

①「カカオ」成分の割合が高いものを選ぶ

②砂糖は控えめなものを選ぶ

③添加物がないものを選ぶ

 

以上を参考に選んでみてください。

健康に良いチョコレートのまとめ

メニュー

閉じる

ショップ
メニュー